思いついたことを時系列関係なしに書き殴るブログ

仕事のことや趣味のことを思いついたときに書いている超雑記ブログです。

スイフトスポーツZC33Sにタワーバーを取り付けた時のトラブル 規定トルクの大切さ

スポンサーリンク

んちゃ✋

 

規定トルクで締めましょう!

 

先日スイフトスポーツにクスコさんのタワーバーを取り付けました。

 

取り付け自体は何のことはないブラケットをもとから開いてる穴を使って固定してバーを取り付けるだけの単純作業。

 

30分もあれば終わるかと思いましたが、結果2時間以上かかりました。

 

まずはこれを見てください

f:id:nobu4g63:20220306104844j:plain
f:id:nobu4g63:20220306104838j:plain

おわかりいただけるだろうか?

 

そうですボルト折れてます!

 

取り付けはこちらの記事に詳しく書いてます

www.nobusan1975.com

 

取り付け自体はやりにくいとこはありますが難しいことはないです

 

運転席のブラケットを取り付け増し締め

 

小さいトルクレンチなかったので「補強なので取れないようにがっちり締めればいいだろ」ってバカな考えで固定

 

助手席側も同じやり方で固定

 

折れた場所のボルトを固定してる時に何か嫌な感触が…

 

ある程度締めたところで、もうちょい締めようと思い『クッ』って力を入れたら『パキッ』

 

もう冷や汗出ましたが気のせいだと言い聞かせ、ちょっと回してみると軽く回ります。

 

この時点ではボルトが折れたとは思いませんでした。

 

「ナットが剥がれたか?」

 

会社でナットスポット溶接することがありますが強すぎる力で回すとナットが剥がれることがあるので、それかと

 

それなら、裏側に手を回してナット固定して回せないかな?

 

なんて考えてボルトを一旦外してみることに

 

f:id:nobu4g63:20220306105942j:plain

 

折れてます(;゚Д゚)

 

終わった、もう何もかも終わった、もう疲れたよパトラッシュ(´Д⊂ヽ

 

なんてこと言ってる場合じゃないですが、途方に暮れること数分

 

よく見るとボルトがちょっと出てる

 

これならプライヤーか何かで挟めば何とか回せる!

 

ヒューズボックスを外すことに

 

外れない、見えるボルトは外しましたがびくともしない

 

仕方ないのでいつも大変お世話になってるスズキ自販埼玉産に電話して外し方を聞いてみるが、忙しいので後でってことに

 

自力でなんとかならないか試行錯誤、ヒューズボックスを力ずくで外そうとしてみたり、ドライバー突っ込んで隙間作ってみたりしてもプライヤーが入らない。

 

工具箱に何かないか探したら、電工ペンチ発見!

 

これなら薄いから入るのでは?

 

入りました!回りました!

f:id:nobu4g63:20220306111343j:plain

 

ちょっとづつ回して無事摘出完了!

 

f:id:nobu4g63:20220306111352j:plain

折れたボルトと代用品



ちょうどスズキ自販埼玉さんから電話が「無事解決しました、お忙しいところ申し訳ありませんでした」ってことを伝え作業再開

 

折れたボルトの代わりはちょうど同じ長さのボルトが偶然工具箱にあったのでそれで代用。

 

みなさんがよく言ってるトラブルはナットを落下させて探すのに時間がかかったとかでしたが、自分のミスでこんなことになるとは。

 

なんとか取り付け完了したので良かったです。

f:id:nobu4g63:20220306111402j:plain

 

最後に

 

規定トルクはきちんと計算された上での設定なんですね、強ければいいってもんじゃないんです!

 

ホイールナットは走行中はズレると怖いのでトルクレンチ使うんですが、それ用しかなかったので今度は小さいやつも用意しておかないといけませんね。

 

折れた瞬間の絶望感「夢なら覚めてくれ」って思いましたね。

 

こんなミスする人はいないと思いますが、きちんと工具をそろえて作業しましょう!

 

f:id:nobu4g63:20220306111410j:plain

では✋