思いついたことを時系列関係なしに書き殴るブログ

仕事のことや趣味のことを思いついたときに書いている超雑記ブログです。

安月給でも頑張れば注文住宅を建てられます⑦ 積水ハウス編① 出会いと別れ

んちゃ✋

 

やっと本編の積水ハウスの話になります。

 

去年念願の積水ハウスで無事建てることができました、その経緯なんかを思い出しながら数回にわたって書いていきます。

思い出しながら文章にするのはボケ防止にも良さそう(笑)

 

陶版外壁ベルバーンに憧れて木造のシャーウッドで建てました(*´ω`*)

 

ベルバーンカッコイイ(*´ω`*)

f:id:nobu4g63:20190530012914j:plain

 

建て替えようと思ったきっかけはこちら

www.nobusan.work

 

担当営業さんとの出会い

実際に建て替える2年前くらいですが、休みの日に暇だったので「住宅展示場にでも行ってみる?」ったことで住宅展示場へ。

 

自分はあんまりハウスメーカーに興味がなかったのですが、奥様が「できればヘーベルか積水ハウスがいい」って言ってたのでそこをメインに見に行くことに。

 

初めて積水ハウスの展示場に行き案内してくれたのがまだ若い女性の営業さんでした(数年後この方と家を建てることになります)かなり気が利く素敵で面白い方でした。

 

おそらく今の年齢からするとその当時は入社してそんなに経ってなかったと思いますが、その時はできる営業さんって感じじゃなくて、とっても気さくな話やすい方だなって印象でした、でもやっぱり一流ハウスメーカーに就職するくらいなんで頭もいいしセンスもありました。

 

今では本社で表彰されるくらい売れっ子の営業さんになってしまいました、忙しすぎて気軽に会いに行けなくなったのがちょっと残念です「いつでも展示場に遊びに来てくださいね」って言っていただきましたが、いつも忙しそうなんでそうは行けないです。

建てた後はそんなに用もないですからね😅

 

その当時はまだそんなに建て替えに本気じゃなかったので何となく説明なんかを聞いたりしてました、その時は建て替えじゃなく分譲地でも探していました、積水ハウスはあちこちに分譲地が出来ています、今も近所に数ヶ所あります。

 

とりあえず希望の間取りなどを伝えて次の打ち合わせの約束なんかをして帰宅。

 

 

2年以上前のことで当時はまだ積水ハウスで建てられるって夢にも思ってなかったのであんまり覚えてないです😅

 

数回の打ち合わせ

次の打ち合わせで間取りとかを作ってもらいましたが全然ぴんと来なかったです、ちょっとイメージと違いました、伝え方が悪かったのかもしれませんが…

 

とりあえず考えて次の打ち合わせなんかをどうするかはこちらから連絡することに。

 

その後も何度か打ち合わせや夢工場(積水ハウスの家がたくさんあって構造なんかが見学できる素敵な施設です、これは別の機会に詳しく書きます)行ったり完成見学会にも行きました。

 

その当時はまだ新人営業さんだったのか打ち合わせの時は上司みたいな方がいつも一緒にいたのですが、「どうせ買わないだろ」って感じを出してきている気がして好きになれませんでした。

 

その後は建て替えや住み替えにもそこまで本気じゃなかったのでそのまま数週間放置していました😅

 

別の営業さんとの出会い

その後また暇になったのでちょっと違う展示場に行ってみようか?ってことで別の展示場の積水ハウスへ、そこで案内してくれた営業さんには今担当の方が決まっているのを伝えたのですが、その方もなぜか間取りとかを考えてくれらしく、次の週に約束をしました。

 

その人には建て替えじゃなくて住み替えがいいかな?って伝えてあり、ちょうど分譲の角地が空いていてそこが気になってることも伝えました。

 

翌週間取りの打ち合わせをしに行きました。

 

とりあえずその時点で2人の営業さんが共同で担当することに、まだ新しい営業さんのことをよく知らなかったのでちょっと世間話をしたらなんと、あの超大人気アイドル『ももいろクローバーZ』の黄色の子、玉井詩織さん(しおりん)のお兄さんの同級生で家にも遊びに行ったことがあってしおりんにもあったことがあるとか(うらやましすぎる)そんな感じで話が盛り上がりました。

 

残念な出来事

やっぱり営業さんも遊びじゃないので具体的な話に「来週までに住宅ローンの審査の用意をするので書類なんかを用意してください」って言われ、いや「ちょっと待ってください話が急展開すぎる、もうちょい考えさせてくさい」って言ったら「あの分譲の角地はすぐに決まりますよ」って…

 

そんなに急いでないしちょっと考えさせてくれってことで、その日は終了。

 

後日最初の担当営業さんに連絡したら「逆にいつになれば具体的に動き出せるんですか?」言われて「ちょっとまだわからないのでこっちから連絡します」って言ってそのまま1回目の出会いは終わってしまいました。

 

確かにいつまでも決めないうちらが悪いんですが簡単には決められません、2人目営業さんに急かされ、担当営業さんにも「いつになる?」って言われすっかり引いてしまいました、好きな方だったので余計に悲しくなり建て替え(住み替え)は別にいいやって気持ちになり、しばらく家のことを忘れていました。

 

その後いろいろあってまた同じ営業さんと家を建てることができて嬉しかったです、本当に完璧な素敵な営業さんなんです、それだけにあの一言が悲しかったんです。

 

もう1人の営業さんとも今は世間話をしたりしていい関係になってます。

(ちなみにすぐ売れるって言ってた分譲地は最後まで残ってましたw)

 

思い出しながらなんでちょっと訳わからない文章になってしまいました😅

 

この後は夢工場の話や実際に建て替えるにあたっての打ち合わせや建て替えの話なんかを一生懸命仕事中に(おい)思い出しながら書いていきたいと思います。

 

では✋

(今日のブログはなんかダメだ😓)