思いついたことを時系列関係なしに書き殴るブログ

仕事のことや趣味のことを思いついたときに書いている超雑記ブログです。

安月給でも頑張れば注文住宅を建てられます⑥ ローコストでも素敵なハウスメーカーレオハウス

んちゃ✋

 

最終的に決めかけていたハウスメーカーです。

f:id:nobu4g63:20190529012729j:plain

 

家を建てるきっかけはこちら

 

www.nobusan.work

 

ローコストでも大手ハウスメーカーに引けを取らない(住んでないのでわかりませんがそう思いました)レオハウス。

www.leohouse.jp

 

クレヨンしんちゃんがCMしているハウスメーカで、東証一部上場ナックのグループ企業です。

 

詳しくはここでは書きませんがウォーターサーバーのクリクラ(これもクレヨンしんちゃんがCMしてます)やダスキンなどの企業グループです、レオハウスはそこの住宅部門です。

 

色々な住宅メーカーを回ってるうちに現実を突きつけられましたが注文住宅の夢をあきらめきれずにローコストハウスメーカーのレオハウスに行ってみました。

 

ちょっと不安な担当営業さん

最初に行ったのがウチから離れた住宅展示場でした、大手とは違いどこにでもあるわけではないので、仕方ないのですがこれがちょっとめんどくさいことに😅

 

もうちょっと近いところにもあったのですが初めに行ったところで案内してくれた営業さんが担当に、結構年配の方(50後半くらい)だったので安心して説明を受けました。

 

そこの展示場には小屋裏収納が付いていて「小屋裏収納いいなぁ」なんて言ってたら「ウチはローコストなんで値段は下げられませんが、小屋裏収納はサービスできますよ」って言ってくれて、ちょっと乗り気になってきました。

 

その日は展示場の案内の他にローコストでも他に引けを取らない品質の良さや断熱材を選べたりする説明を受け、希望の間取りなんかを伝えてその日は帰宅。

 

2回目の打ち合わせ

営業さんがパソコンで間取りを出してくれました、なんだかパッとしない…

 

せっかく作ってくれたので説明を受けているときに「ここの扉はこうした方がいいかなぁ」なんて言ったらその場で修正、他のハウスメーカーさんではその場でドアの開き方とか窓の大きさとか修正するのを見たことなかったんで驚きました、わかりやすくて素晴らしい機能です。

(他のハウスメーカーさんでもあるのかな?)

 

その日だいたいの値段なんかを聞いてる時に小屋裏収納の話をしたら「小屋裏収納入れたら○○万プラスになりますね!」って、え?

 

サービスしてくれるって言ったよね?

 

まあ、後でもう一回お願いしてみてダメならいいやってことでその日もうちょっと色々間取り駐車場に予算なんかの希望を説明して終了。

 

3回目の打ち合わせ

 

この日もパソコンで間取りの説明を祖てもらいました。

 

かなりいい、希望にほぼ近い間取りだったのでかなり突っ込んだ話をしました。

 

部屋の大きさも充分広くて駐車場も家の前と横に止められて入れ替えなくてもいい、理想の間取りでした。

 

が、屋根はスレートだったので奥様が屋根は絶対瓦がいいって言ったのですが、営業さんが乗り気じゃない、なぜかスレートを勧めてくる、建て替え前の家の屋根がのスレートで数年でボロボロになったので瓦にしたくて、営業さんが乗り気じゃなかったのは予算が上がるからって理由でした😅

 

コスパ考えたら数年でダメになるスレートより少しくらい予算が上がってもいいから瓦で見積もりだしてもらいました。

 

家に帰って間取りなんかを見ながらウキウキして、理想の間取りでこれならいいかなぁなんて考えてよく見たらちょっと違和感が…

 

間取りに寸法書いてありましたが、なんと駐車場が2台ともコンパクトカーのサイズ!

ダメだこりゃ、展示場から帰るときにエボ(ランサーエボリューションⅨ)に乗って帰るの見てたのに、って言うかこれで気が付かないで建ててたら車置けなかったのかな?

その前に最終確認みたいなので気が付くのかね?

 

まあ、その時に気が付いたのでソッコー電話して「車止められないっすよ~」っていったら、「おかしいですね、一般的な車のサイズでプリウスが余裕で止められるはずなんですが」って言われましたがプリウスも3ナンバーサイズなんでこの駐車場のサイズじゃ無理です…

 

次回までに書き直してもらうことに。

 

ミスが多い

 

とりあえず駐車場も何とか止められるようにしてもらい、間取りも納得のいくものが出来てきました(*´ω`*)

 

で、次の打ち合わせの時間を決めるときに「前のお客様が14時からで、2時間くらいで終わるので余裕をもって17時にしましょう」ってことで当日17時ちょっと前に行き「打ち合わせの予約をしていて○○です」って言って営業さんが来ましたが「あれ17時半ですよね?」って、うちら夫婦2人とも17時って聞いてたのは間違いない自信がありましたが、前のお客さんの打ち合わせも終わってないから待つことに『そういえばこの担当さんいつもメモ取ってなかったな…』

 

不信感が出てきてこのままこの人に任せるのは心配になり、以前別の展示場(そっちの方が近い)行ったときに対応してくれた人が若いけど説明もしっかりしてるし、わかりやすかったので変えてもらいたくて、それとなく「今通ってる展示場は遠いので近い方の展示場の方に担当変えてもらえますか?」って聞いたら、「ならそっちまで行きますよ」って…

 

違う違うそうじゃそうじゃな~い♪

 

通じなかった、ハッキリ言ったらかわいそうだと思ったんだが、それならこっちがしっかりするしかないなって諦めました😅

 

その後も相変わらずで、住宅ローンの申し込みの紙がなぜか他のハウスメーカーの名前になっていて書き直しに展示場(結局遠い方に何度も行くはめに)行ったりなんかして、疲れました。

 

結局住宅ローンがなかなか通らず、申請しては待ちの状態が続きました。

 

積水ハウスとの再会と運命の出会い

 

住宅ローンの審査待ちの間他のレオハウスを見に行こうってことになり、かなり離れた展示場へ。

 

そこはレオハウスの隣に積水ハウスがありましたが、積水ハウスはとても無理なので見る予定ではなかったのですが、ちょっと見てみたくなりフラッと入ってみました。

 

う~ん、やっぱ違うわ!

 

積水ハウスで建てるので詳しくはその時に書きますが、やっぱ憧れですね(*´ω`*)

 

その展示場の積水ハウスは鉄骨と木造の2棟があります。

 

鉄骨の方を見た時に「予算があれば建てたいんですよね~」なんて言ったら、そこの若い営業さん「私はいつも一度ファイナンシャルプランナーに相談することを勧めていますよ」って言われ、なるほどダメもとで相談して「オメェに建てられる積水ハウスなんかねぇ!」って言ってもらえば完全にあきらめもつくので、さっそく帰った後に、以前担当してしてもらっていた積水ハウスの営業さんに連絡、ファイナンシャルプランナーさんにアポ取ってもらいました。

 

最後に

そこから積水ハウスさんとの長い付き合いの始まりになります。

 

今思えば、レオハウスであっさり住宅ローンに通ってたら遠い展示場に行って、積水ハウスの営業さんにファイナンシャルプランナーさんの話なんか聞かなかったので、、積水ハウスで建てることにはならなかったと思います。

 

後で書きますが積水ハウスさんの営業さんは効率よくて一度に数社の銀行に申請してあっさり通りました、なぜレオだとダメだったんやろか?

 

この次からやっと本題の積水ハウス編になります(*´ω`*)

 

レオハウスにお断りの連絡入れたらちょうど担当の営業さんが県外に移動になるところでちょうどよかった?のかな?

 

決してレオハウスは悪くないですよ、今でも最終間取りはレオハウスの方がよかったかもって思ってます、品質も決して悪くありません、ただ色々良い物を選ぶと結局大手と変わらない値段になったりします。

 

 

では✋