思いついたことを時系列関係なしに書き殴るブログ

仕事のことや趣味のことを思いついたときに書いている超雑記ブログです。

安月給でも頑張れば注文住宅を建てられます④ 契約を迫られて断った時の話

んちゃ✋

 

www.nobusan.work

 

 

壁が自慢のハウスメーカーに契約を迫られた時の話

 

会って2週間ちょい、3回目で契約金100万用意しろって、怖いっすよ。

 

出会い(一回目)

 

ほとんどレオハウスさんで決まりそうなとき、レオハウスの展示場で打ち合わせした後、少し時間があったので「他にも見てみようか」って話をしながら案内図を見てた。

 

案内図のすぐ近くが【壁が自慢の大手ハウスメーカー】で、呼び込みのお姉さんが「〇〇ハウスで〜す、どうですか?ちょっとみていきませんか?」って言ってきたが「〇〇さん高いからいいです〜」って言ってもしつこい、まあ時間もあるし見るだけならって「見るだけでアンケートとか書かないですよ」って言って中へ。

 

とりあえず見るだけだから営業さんも付かなくていいって言ったけど、そうもいかないのか、のび太みたいな営業さんがきた、名刺渡されたらなんと店長だと。

 

うちの奥様は元々【壁が自慢の大手ハウスメーカー】で建てたいって言ってたから見るのは楽しそう、見てる間はほとんど話しかけてこない営業さん、一通り見て、さて帰ろうかってなったら営業さんの攻撃が始まった。

 

とりあえず「座って話だけでも」って言ってきた、まあ散々見たから話くらいならいいかって、んでウチの年収やら奥様がここのハウスメーカーが好きな事など話したら、いけると思ったのか、急に夢の実現プランだったか、そんな紙にいろいろ書き始め、予算やら年収やらで「これならいけますよ」って

 

いやいや「まだ〇〇ハウスさんのこと知らないから、説明して下さい」って言って、構造なんかが展示してある部屋へ。

 

壁の自慢と断熱材の自慢

長期の保証の話など。

 

さすが店長、まあ納得ですわ。

 

すごい良くていろいろ質問もしまくった、そしたら具体的な話をし始め、詳しく間取りや土地とかを来週までにプレゼンするから、来週も来てくれって事に、まあ展示場好きだから来週も来るって事でこの日は終わりに。

 

帰りがけ羊のぬいぐるみがあって「これかわいいですね〜」って言ったら「ラム君って言うんですよ〜、本当はご契約されたお客様だけに差し上げてるんですが、特別に」ってラム君いただきました、かわいい。

f:id:nobu4g63:20190326220250j:image

次の週(二回目)

間取りとかをある程度書いてきてあった、そこからいろいろウチの要望なんかと、土地は近所に保留地があり、「そこがちょっと気になってます」って話をして、あとは駐車場を縦列駐車にはしないでほしいってお願いして、また間取り作ってくれることに。

 

今度はなぜか水曜日の夜に打ち合わせしたいと、展示場休みだから家に来るって言い出して「仕事で遅くなりますよ」って言っても「大丈夫です」って、いやこっちが大丈夫じゃないんだが、とか思いつつ了承。

(水曜日に予定したのには驚愕の事実が…)

 

あと、車の話を少しした時

営業「車何乗ってるんですか?」

自分「ランサーエボリューション9です」

営業「いい車ですね、私も車好きなんですよ、今度ランサーレボリューション見せてください」って

 

レボリューション?

 

好きちゃうやろ(笑)

 

で、契約を迫られた水曜日(恐怖の三回目)

本来なら休みなのにウチのためにわざわざ来てくれて申し訳ないなぁ、なんて思いつつ自分も少し仕事を早めに切り上げて打ち合わせ(後に水曜日にした理由が明らかに)間取りも駐車場もなんかピンとこない、〇〇ハウスだと四角い家になるんだな。

 

とりあえず明日も仕事だし間取り見ながら検討しますって言っても帰らない…

 

お金の話をし始めた「次の日曜に契約金100万用意できますか?あと保留地キープするのにもお金必要なんで用意してください」って…

 

 

 

 

何で?

自分「まだ詳しく設備やらも何も決まってないし、まだ建てるっても言ってないし」

 

(本当はこの後色々やり取りがありましたが省略)

 営業「実は今日来たのは水曜日はハウスメーカー動かないんで保留地はまだ決まってないはずです、明日朝一で市役所行って保留地押さえます」

 

なるほど、だから水曜日に来たのか。

 

自分「今日決めなきゃダメなんですか?」

営業「……はい、そうですね」

 

自分「いや、まだ無理ですよ」

 

営業さん明らかに不機嫌に…

 

もっと考えさせてくださいって言って帰ってもらった、21時くらいから2時間以上粘られた…

 

めちゃくちゃ疲れた…(´-ω-`)

 

会って3回目、2週間ちょいで決められませんわ。

 

もう、断わろってウチの奥様と話をして、後日断りの電話をした、いろいろ説得されたが「気持ちは変わりません」って言ったら、半ギレ半笑いで「ならもう建てなくていいんじゃないですか」って

 

ええ、もちろんそのつもりです(`・ω・´)

 

それ以来【壁が自慢の大手ハウスメーカー】には一切関わらないことにo(`ω´ )o

 

あんな下手な営業でよく店長になれたな。

 

〇〇ハウスはいい家だと思います、いい営業さんに当たってたら〇〇ハウスにしてたかも…

 

 

でも、いろんなブログ見てたらウチと同じようにかなり強引に契約を迫られた人が。

 

やっぱり建てなくて良かったかな。

 

もちろん一流ハウスメーカなんで家はすごく良いです。

 

 

 

でも、ラム君かわいいからシャーリス(積水ハウスのシャーウッド のキャラクター)と一緒に飾ろう(●´ω`●)

 

 

その後(積水ハウスで建築後)

 

その展示場に行く予定があったので呼び込みの人に「○○さん(その時の担当)います?」って聞いたら、アルバイトか何かだったみたいで「すいませんわかりません、でも、もしよろしかったら中ご覧になっていきますか?」って言ってきたので、「もう他で建てましたよ」って言っても「大丈夫です!」って言われたのでちょい見ていくことに。

 

そしたらその時の店長は移動していなかった、その時案内してくれた営業さんはウチが積水で建てたのを知ってても丁寧に説明してくれた上に「積水さん良いですよね~」って他所を褒める紳士っぷり。

 

そこで前回の出来事を話して「うちも急かされないでゆっくり考えさせてもらえたら【壁が自慢の大手ハウスメーカー】にしてたかもしれません」って言ったら「もったいないですね、私だったらもっとじっくり時間をかけて家作りのお手伝いが出来たんですが…」って。

 

やっぱり営業さんで決まるんだなって実感させられました。

 

次回は高気密高断熱全館床暖房が標準装備のハウスメーカーのお話

ここも契約直前までいきました。

 

 

では✋